釣り

2018/12/17 小樽 ニシン釣り

投稿日:

勤務医TKYです。

つりしんやインターネットで話題の小樽にニシンを求めて釣りに行ってきました。

息子が起きている間はできるだけ息子と遊んであげたいので、息子を寝かせてから妻の許可が出たので急いで準備しました。

「好きなことについては動きが早いね」と白い目で見られながらも、こっちは3か月ぶりぐらいの釣行なのでワクワクしておりました。

準備が終わり家を出たのは22時過ぎでした。

小樽の某岸壁に着くと、他の釣り人は約10人ほどおり、ポツポツとでしたがヘッドライトでキラキラと光るニシンが釣れておりました。

期待を胸に私も釣りを開始します。ただ、急遽決まった釣行だったので、撒き餌のアミエビブロックがまだカチコチに凍っており使い物になりません。

使用したのはニシン用のブルー系のハゲ皮のサビキ仕掛けです。

腕が悲鳴を上げながらもひたすらシャクっていると私の竿にもプルプル感が伝わってきました。ポツポツとですが20cm程度の中ニシンが釣れ始めました。

途中、吹雪いてきて周りが全然見えなくなることもありましたが、約3時間釣り続けました。

家に帰り数えてみると30匹には達しない程度でしたが、久しぶりの釣りはとても楽しかったです。

写真がありませんが、帰宅直後に刺身、大きいものは焼き用、その他は身欠きにしん用に干しました。

今週から妻と子は実家に帰ったので、来週もまた釣りに出かけようと思います。

-釣り

Copyright© 勤務医は睡眠時無呼吸症候群 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.