論文

最適な枕の形状はこれだ!!

更新日:

勤務医TKYです。

今回は、最適な枕の形状について2011年に発表された論文です。

 

Shape design of an optimal comfortable pillow based on the analytic hierarchy process method.

J Chiropr Med. 2011 Dec;10(4):229-39.

 

では、論文の要約をみていきましょう。

目的

これまでに枕の形状を分析した研究はほとんどない。

この研究の目的は、自覚症状の無い被験者にとって枕の形状設計と快適度との関係を調べることである。

方法

最も快適な枕を調べるために、枕における4種類の要素を組み合わせて8種類を設定し分析した。

枕における4種類の要素は下の画像のA~Dの通りです。

結果

No.4の枕が頭・首・肩・高さについて全体的に総合して最も快適な枕であった。

No.4の枕のデザインの要素は、上記画像のA.標準枕、C.首枕およびD.肩枕を組み合わせたものです。

※No.4の枕については下の画像の通りです。

結論

この研究では個人の快適度と枕の形状について調べた。

 

※なお、この研究によって最も快適とされた枕は下の画像の通りです(単位:mm)。

 

いかがでしたでしょうか。

少しあっさりした論文でしたが、画像や写真があってわかりやすかったですね。

この論文のように頭~肩まで及ぶ枕を普段から使用している方はほとんどいないのではないでしょうか。

私も今回論文で初めて目にして、実際に存在するものであることを知りました。

普段使用している枕であまり熟睡感を得られていない方は首や肩の下にタオル等を敷いて試してみてはいかがでしょうか。



 

クリックお願いします
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

-, 論文

Copyright© 勤務医は睡眠時無呼吸症候群 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.